おまとめローン 一本化 完済

おまとめローンは2つのタイプに分類される

おまとめローンは、これまで分散されていた借金を一つにして返済していくもの。つまりは、借り換えです。この借り換えは、住宅ローンなどでも聞いたことがあるかもしれませんが、別の金融機関にみんな一つにまとめて移る事で、利息を安く抑えて最終的な支払合計金額を低くすることも場合によってはできるのです。物理的な手間を省くだけでなく、利息を含めた借金の返済額を軽減することもできるのですね。おまとめローンとは、そうした意味で使われるサービスなのです。
そんなおまとめローンには、実は「借り換え専用」と「高限度額ローン」の2種類に分ける事ができるのです。

 

消費者金融などでおこなわれているおまとめローンでは、借り換え専用といったタイプがほとんどです。会社に返済をまかせて、借りた会社に返済をおこなっていきます。審査を受けてそれに通してから、返済する会社に変更し、その後の返済はおまとめローンを申し込んだ会社だけにおこなっていく形となります。

 

そして、高限度額ローンとは、銀行が取り扱うおまとめローンに多いものとなっています。一度、一括返済にかかるお金を借りてしまいます。そのお金で、複数の借金をきれいに返済して完済といった状態にもっていきます。銀行ヘは使った分だけのお金を返済していきます。現金は、返済を進める事で借りる事ができるようになるそうです。このタイプのおまとめローンは、借りた人のお金への価値観や扱い方が問われるものとなっており、完済してお金を借りない…なんて状況になった場合に、それが誘惑になってしまうこともあるのです。


おまとめローンには、総量規制は適用されない

消費者金融やクレジットカード会社によるお金の貸し借りには、年収の3分の1以下といった規制が設けられています。
これは総量規制といって、数年前におこなわれた貸金法の改正からおこなわれるようになったのです。
お金を借りすぎて破産することがないようにとした、予防策なのです。
でも、この総量規制は、おまとめローンに関しては対象外となっています。

 

とはいえ、誰もがおまとめローンで借金を一本化できるとは限りません。状況的にそうすることができない場合もあるのです。例えば、借金をまとめる事にメリットがない、闇金から借りている、友達や家族の返済にしようとしている…なんて理由ではおまとめローンを利用することができませんので注意が必要です。

 

また、おまとめローンは通常のお金の貸し借りと比べて高額になります。ですから、その審査はおのずと厳しいものになるわけで…より正確な情報の提示が求められることもあり、融通がきかないと感じられるところもありますので、その点には注意するようにしましょう。必要書類を提出する際には、記入にまちがいがないかどうか…なんども見直しておくようにします。

 

最近では、インターネットにホームページを持っている会社では、返済シュミレーションといった便利なツールを用意していることが多いです必要な項目を入力するだけで、おまとめローンの申し込み審査が通るのか通らないのか、
通った場合の毎月の返済額はどれくらいになるのか、こうした返済シュミレーションツールを使って、申し込み前に調べておきましょう。